百度AplloとHesaiがレーザーレーダーを共同開発へ

百度の自動運転プラットフォームアポロ(Apollo)はこのほど、レーザーレーダースタートアップ企業のHesai(禾賽科技)と提携し、共同で次世代レーザーレーダーを開発し、百度の第5世代自動運転タクシー(Robotaxi)に搭載する計画である。

先日、Hesaiは中国版ナスダックの「科創板」に上場することを断念したが、累計2億3000万米ドル以上の資金調達を完了し、百度は7.88%の株式を保有する第2位の機関投資家で、百度自動運転技術部総経理の王雲鵬氏はHesaiの取締役に直接就任した。

昨年10月、レーザーレーダーメーカーのVelodyneは百度と3年間の供給契約を締結し、百度に自動運転アプリケーション用のAlpha Primeレーザーレーダーセンサーを提供すると発表した。百度はVelodyneの戦略的投資家の1人でもある。


参考記事:https://www.d1ev.com/news/qiye/143110

575