百度Apolloが鉱業ダンプトラックの無人運転プロジェクトを実演

百度Apolloは20日、内モンゴルの呼倫貝爾市鄂温克族自治旗内にある華能伊敏煤電有限責任公司の伊敏露天鉱山のために改造したダンプトラックの無人運転プロジェクトを5Gで実演した。これは中国で初めて172トン級の鉱業ダンプトラックのリモートコントロール改造を実現した。百度と華能伊敏炭電有限公司はまた、再電動化、自動運転、スマートスケジューリング、検知測位、高精度地図、知能化鉱山の分野で提携し、全面的でかつ信頼性の高いソリューションをシステマチックに提供する。

今回実演したApollo無人運転ダンプトラック2台は、長さ13メートル、高さ7メートル、自重135トン、積載量172トン。百度Apolloは鉱山とともに30日間で国内初の172トン級ダンプトラックのリモートコントロール改造作業を完了し、2台の172トン級鉱山用トラックが人員操作から信号制御への転換を実現した。また、ダンプトラックにはミリ波レーダとレーザレーダを搭載し、工業機制御システムを搭載し、周囲環境の認識と障害物の判別を可能とした。

実演現場には4G+5Gハイブリッドマスター基地局1台を配置し、フィールドの信号の全面カバーを実現し、クラウドによる放送通信連携プラットフォームシステムを接続してライブ中継設備に無線接続を提供し、8つのポジションを設置して全方向からの見学を確保した。実演現場は駐車場、排土場、粉砕場、パワーショベルの4つの区域に分かれている。Apollo無人ダンプトラックは予定のルートに従い、4つの区内でそれぞれ障害物回避シミュレーション、ストリッピングシミュレーション、石炭輸送シミュレーションの3つの部分のシミュレーション訓練を行った。


記事url:https://www.autohome.com.cn/news/202005/100274656.html

1115