DiDi、上海で自動運転有人テストを開始

6月27日、DiDiは、上海市でインテリジェント・コネクテッドカーの(一般の人が試乗可能な)有人テストを開始し、初めて自動運転サービスを一般向けに開放した。ユーザーはDiDiのアプリを通じてオンライン申し込みが可能で、審査に合格すれば、自動運転テストエリアで無料で自動運転車を呼び出し試乗することができる。

現時点では、DiDiの自動運転有人テストの走行範囲は、テスト道路に限られており、路線は自動車コンベンションセンター、オフィスエリア、地下鉄駅、ホテルなどの主要エリアを経由している。ユーザーはDiDiのアプリを通じて、テスト道路の範囲内で出発点と終点を選択し、無料で自動運転サービスを体験することができる。

安全性を確保するため、自動運転試験車には関連規定に基づいて安全要員が配置されており、走行状況に応じて随時に手動運転に切り替えることがきる。同時に、DiDiは国内初の自動運転安全モニタリングセンターを設立した。車両と道路状況をリアルタイムで監視し、車両が複雑な状況に直面した場合にサポートし、今後の自動運転運営で発生する可能性のある遠隔サポート問題に取り組んでいる。

テストエリアの一部の交差点では、DiDiが路車協調装置を設置し、道路情報をエリア内の他社の自動運転テスト車両にリアルタイムで共有し、ブラインドゾーンの解消につとめている。

DiDiのCEOの程維氏は、「自動運転は技術の成熟、商業の成熟から法規の成熟まで、まだ長い道のりがあり、少なくとも10年は継続的に投資する計画を立てなければならず、さまざまな困難や挑戦に直面すると覚悟しているが、方向性が間違っていない」と述べた。


記事url:https://auto.gasgoo.com/news/202006/27I70190486C601.shtml

903