WeRide、自動運転貨物輸送スタートアップ企業のMoonXを買収

7月20日、自動運転スタートアップ企業のWeRide(文遠知行)が、自動運転貨物輸送スタートアップ企業のMoonX(牧月科技)を買収すると発表しました。買収価格は明らかにされていない。

MoonXの創業者兼CEOの楊慶雄博士が正式にWeRideの副総裁兼研究院長に就任し、50人以上のアルゴリズム及び研究開発エンジニアからなるトップ技術チームも一緒にWeRideに加わった。

MoonXは2018年6月に設立され、自動運転技術で物流産業の構造改革を促すことに注力している。

MoonXはわずか数年の間に、急速に業界の先頭に立ち、20台以上の自動運転乗用車とトラックのチームを設立し、深セン市、アモイ市、泉州市などの都市で開放道路テストと運営試験を実現し、自動運転走行距離は30万キロを超えた。

大手物流会社、厦門公交集団、百果園など異なる分野の企業と戦略的提携を展開することで、MoonXは自動運転貨物輸送の技術研究開発と応用で、経験を蓄積している。

楊慶雄博士は中国の自動運転分野のトップクラスの専門家、コンピュータビジョン分野の有名な学者でもある。同氏は2010年にイリノイ大学シャンパーニュ校(UIUC)で電気・コンピュータ工学の博士号を取得し、DiDiの自動運転シニアディレクターおよび香港都市大学コンピュータ学部の助教を務めた。コンピュータビジョンの3大会議と2大定期刊行物(CVPR/ICCV/ECCV/IJCV/PAMI)で、楊氏は計30本以上の論文を発表し、1万回近くの引用を獲得した。

自動運転分野での卓越した貢献により、2019年7月、楊慶雄博士は、アジア太平洋信号情報処理協会(APSIPA)から傑出した産業リーダー賞を授与された。


参考記事:http://www.autor.com.cn/index/business/e-commerce/13829.html

247