百度、DiDi、Pony.aiが北京市コネクテッドカー政策パイロットエリア初の商業化ライセンスを取得

4月13日、北京市コネクテッドカー政策パイロットエリアが正式に開通され、「北京市コネクテッドカー政策先行区全体実施方案」が発表された。

最初の商業化ライセンスは、百度Apollo、Pony.ai、DiDi自動運転の3社に発給された。このうち百度Apolloは夜間(16:00~22:00)と特殊気象試験通知書53枚、一般道路試験許可証5枚を取得した。Pony.aiは計30枚のナンバープレートを取得したが、DiDiはナンバープレートの枚数を明らかにしていない。

今回の政策では、十分に検証されたコネクテッドカーがパイロットエリアで率先して商業化運営サービスを提供することを奨励する。自動運転モビリティサービス、コネクテッドカー、自動運転物流車、自律駐車などのサービスをカバーし、企業は有料サービスを提供することができる。

具体的にサービス料金について、当面は一般タクシーよりも安い料金が設定されており、今後具体的な料金基準が制定される。

パイロットエリアは、225平方キロメートルの実施範囲内で、都市道路、高速道路、高速道路など多くの走行シーンをカバーしており、このうち6本の高速道路は計143キロで、具体的な状況に応じて徐々に開放される予定である。

高速走行や有料化に加え、今回は無人化をさらに進める方針が明らかになった。関連紹介によると、パイロットエリアの実施案の中で、無人化運営により車両が比較的安全で事故がなく、一定の基準を満たしていることが証明された場合、同乗している安全要員はまず運転から助手席に移動し、次に後部座席に移動し、最後に車両から離れることができると明記された。ただし、リモート操作、クラウド監視メカニズム、つまり安全の冗長手段が必要だと強調されている。


参考記事:https://auto.gasgoo.com/news/202104/14I70249988C601.shtml

601