CATL、新動力電池「天行」発表!商用車向け、急速充電・長寿命が特徴

7月4日、CATL(寧徳時代)は物流商向けの動力電池「天行」を発表しました。今回発表された新動力電池は、「天行物流-超充電版」と「天行物流-長航続版」の2種類があり、主に物流などの商用新エネルギー車を対象としています。

CATLによると、「天行物流-超充電版」は4C超高速充電により、12分で60%のエネルギー補充を実現します。このバッテリーは8年80万キロの寿命を持ち、バッテリーの減衰が遅く、車両と同等かそれ以上の寿命を持つとされています。

一方、「天行物流-長航続版」は、車両が満載で高速80km/hで走行する場合に500kmの航続を実現し、200kWhの電力量を備えています。伝統的な新エネルギー車と比較して年間24000元の充電費用を節約でき、ガソリン車と比較して年間10万元の燃料費用を節約できるとされています。また、そのエネルギー密度は200Wh/kgで、軽商用車のバッテリーとしては最も高いエネルギー密度を誇り、車全体の重量を300kg軽減するのに役立ちます。

「天行物流-長航続版」も同様に8年80万キロの寿命を備えており、車とバッテリーは同等の寿命を持ち、品質保証は車両の全ライフサイクルをカバーしています。

近年、カーボンニュートラル戦略の下で中国の商用車の電動化普及率は、2020年の3%から2024年4月には14%に上昇し、物流車の電動化浸透率も2%から15%に上昇しました。

しかし、新エネルギー商用車が短期間で急増したことで、特に航続距離が短い、充電時間が長い、寿命が短いなどのバッテリー関連の問題が普及率の上昇を制限しています。

CATLは2011年から商用分野に進出しており、その商用動力電池製品は超高速充電、長寿命、長航続、超安全などの利点により業界内で広く認められています。2024年第1四半期現在、CATLの国内新エネルギー公共バス市場のシェアは80%を超え、国内新エネルギーバス市場全体でのシェアはすでに90%を超えています。

163