長城汽車、水素燃料電池戦略を発表

長城汽車は3月29日、水素エネルギー戦略を発表し、2021年から3段階に分けて炭素中和を実現する。車載グレード「水素動力システム」ソリューションである「qingningテクノロジー」も発表会で発表され、同技術に基づく初の中型燃料電池SUVが年内に発表される。

長城汽車の発表によると、ソリューションは、車載グレード研究開発システムと水素電気プラットフォーム、スタックプラットフォーム、水素貯蔵プラットフォームの3大技術モジュールをカバーし、200kWの高出力燃料電池、60%の高効率スタック、100℃の動作温度、2万5000時間の寿命、モノのインターネットとエネルギーのインターネット能力などの技術優位性を備えている。

長城汽車の水素産業サプライチェーン

 


参考記事:https://www.gwm.com.cn/news/3401229.html

787