AITO(ファーウェイ)M7 Plusの事故:車両炎上で3人死亡、安全性への懸念

 4月26日、山西省運城市で発生したAITO(ファーウェイ)M7 Plusの交通事故が注目を集めました。この事故では、AITO M7 Plusの車両が追突事故を起こし、車両が炎上し、満2歳の子どもを含む3人が死亡しました。

 AITO(問界)はファーウェイが主導でSERESと開発したブランドであり、事実上ファーウェイの製品です。事故のM7 PlusはバッテリーEVではなく、レンジエクステンダー付きEVです。

 この事故は、AEB緊急ブレーキシステムがなぜ応答しなかったのか、スマート運転システムのサプライヤーは誰なのか、隠しドアハンドルがポップアップしなかったことが救助に影響したのか、衝突後にドアのロックが解除されなかったのかなど、AITO M7車両の安全性について多くの関心が寄せられました。

 AITOは事故発生後、直ちに声明を発表し、車速は115km/hに達し、エアバッグは正常に開いたこと、動力電池パックの特性はいずれも正常だったことを明らかにしましたが、事故原因はまだ調査中です。また、事故車両にはファーウェイの高度運転支援システムADSが搭載されておらず、公式にはボッシュのソリューションを使用していると主張しています。

 4月28日には、ボッシュの声明のスクリーンショットがネット上に出回り、「対象車両にはボッシュのスマート運転システム(AEBを含む)が搭載されていない」とされました。しかし、ボッシュのソーシャルメディアWeibo(微博)の公式アカウントには関連する内容は見当たりませんでした。

 一部のメディアが調査したところ、AITO M7 PLUSのスマート運転システムの具体的なサプライヤーは公表されていませんが、Horizon Robotics(地平線)やFreetechなど、多くのサプライヤーが存在しています。業界関係者によると、AITO M7の高機能版はファーウェイのソリューションを採用し、ベーシック版は初期にボッシュを使用し、その後Freetechが公式サプライヤーになったという情報もあります。

 百度検索によると、Freetech(福瑞泰克智能系統有限公司)は2017年03月30日に設立され、本社は浙江省嘉興市桐郷市烏鎮にあります。Freetechは自動車スマートシステムとスマートデバイスの研究開発、生産、販売、メンテナンス、および技術サービスを行っています。

 また、隠しドアハンドルが素早くロック解除できなかったことも注目されました。専門家によると、自動ロック解除は受動的な安全機能ですが、衝突後に車両が自動的にロック解除するかどうかについては、法律で強制されている規定はありません。

 この事故は新エネルギー車の安全基準とスマート運転システムの問題を浮き彫りにし、スマート運転システムの過剰な宣伝や乱用についての議論を巻き起こしました。

 この事故は新エネ車の安全基準とスマート運転システムの問題を浮き彫りにし、スマート運転システムの過剰な宣伝や乱用についての議論を巻き起こしました。

882