北京、上海などはコネクテッドカー協同発展の第1次試験事業に選定

住宅と都市農村建設省と工業情報化省はこのほど、スマートシティインフラとコネクテッドカーの共同発展の第1次試験都市を確定し、北京市、上海市、広州市、武漢市、長沙市、無錫市の6都市がスマートシティインフラとコネクテッドカーの共同発展の第1次試験都市に選ばれた。

両部署は、試験都市は「住宅と都市農村建設省事務局、工業情報化省事務局スマートシティインフラとコネクテッドカーの協同発展試験業務の組織・展開に関する通知」の要求に基づき、試験業務計画を制定・準備し、専門家の審査を経て、審査を通った後、報告・備案すること、および、試験都市は健全な統一計画協調メカニズムを構築し、資金などの保障措置を講じ、試験業務の成果を確保し、複製可能かつ普及可能な経験を生かすことを要求した。

住宅と都市農村建設省と工業情報化省はこのほど、スマートシティインフラとコネクテッドカーの共同発展の第1次試験都市を確定し、北京市、上海市、広州市、武漢市、長沙市、無錫市の6都市がスマートシティインフラとコネクテッドカーの共同発展の第1次試験都市に選ばれた。

両部署は、試験都市は「住宅と都市農村建設省事務局、工業情報化省事務局スマートシティインフラとコネクテッドカーの協同発展試験業務の組織・展開に関する通知」の要求に基づき、試験業務計画を制定・準備し、専門家の審査を経て、審査を通った後、報告・備案すること、および、試験都市は健全な統一計画協調メカニズムを構築し、資金などの保障措置を講じ、試験業務の成果を確保し、複製可能かつ普及可能な経験を生かすことを要求した。


参考記事:http://auto.caijing.com.cn/2021/0514/4764945.shtml

124