工業情報化省は「国家コネクテッドカー産業標準体系の構築ガイドライン」について意見公募

工業情報化省は21日、コネクテッドカー産業を推進するため、「国家コネクテッドカー産業標準体系の構築ガイドライン(車両の知能化管理)」について意見を公募し、公示時間は11月21日から11月30日までで、意見や提案があれば工業情報化省の科学技術司にフィードバックすることができる。

「ガイドライン」は、コネクテッドカー産業を、情報通信技術に依拠し、車内、車と車、車と道、車と人、車とサービスプラットフォームの全方位的な接続とデータのインタラクションを通して、総合的な情報サービスを提供し、自動車、電子、情報通信、道路交通運輸などの業界が深く融合した新しい産業形態であると定義している。

「ガイドライン」では、コネクテッドカー産業の発展技術の現状、将来の発展傾向、道路交通管理業界の応用ニーズに応じて、段階に分けて車両の知能化管理基準を構築するよう呼びかけている。まず、2022年末までに、基礎的な技術研究を完了し、コネクテッドカー登録管理、身分認証と安全などの分野の重点基準を20項目以上制定・改正し、コネクテッドカーの道路テスト、コネクテッドカーの都市レベルでの検証モデルなどの業務にサポートを提供する。次に段階として、2025年までに、コネクテッドカー環境での車両の知能化管理をサポートする基準を構築し、道路交通運営管理、道路協同制御とサービスなどの業務分野の重点基準を60項目以上制定・改正する。

車両の知能化管理基準を体系的に構築するための考え方として 道路交通管理業務を中心に、コネクテッドカー技術の公安交通管理分野での応用を推進し、コネクテッドカーの運行安全を保障することを核心とし、コネクテッドカーの登録管理、身分認証と安全、道路運行管理と車両協同管理制御とサービスなどの分野の国家基準と業界基準を制定する。


参考記事:https://www.d1ev.com/news/zhengce/104122

1103