RoboSense、Banma、AutoXの三社は戦略的提携

2021年上海モーターショーの初日である4月19日、レーザーレーダースタートアップ企業のRoboSense(速騰聚創)は、アリババ傘下のBanma(斑馬智行)、自動運転ベンチャーのAutoXと戦略的提携を締結した。3社はセンサ融合技術、OS、自動運転AIアルゴリズムなどの面で協力し合い、ドライバーと自動運転車の人間-機械協調に基づく次世代スマートコックピットを開発し、ハイレベル自動運転プラットフォームと、車載OSの開発に力を入れる。

今回の提携では、ハードウェア、ソフトウェア、AIに関するオーブンな提携方式を通じて、スマートコックピットと自動運転の融合を推進し、業界に新たなベンチマークを打ち立てる見込みである。RoboSenseは人間-機械協調に基づくスマートコックピットと高度な自動運転ニーズを満たすレーザーレーダー融合感知システムを提供し、AutoX自動運転AIドライバーシステムに正確な環境感知データを提供し、Banmaの自動車スマートサービスとインタラクションに安全保障を提供し、スマート運転安全の第一歩を守る。


参考記事:https://auto.gasgoo.com/news/202104/23I70251643C601.shtml

345