BYD、海外で最大規模のEVバス受注獲得

1月10日、第一財経記者がBYD側から明らかにしたところによると、コロンビアのボゴタ市バス管理局は2020年8月、バス1295台の公開商業入札を開始した。BYDはこの事業で1002台のEVバスを落札したばかりだ。BYDは、今回受注の車体部分についてコロンビアの地元バスメーカーSuperpoloとBusscarとそれぞれ提携する。EVバスは2021~2022年上半期に首都ボゴタの5地区の34路線で運行される予定だ。

BYDはボゴタ市のほか、メドリン、カリなどの都市でバスを運行しており、コロンビアで累計1550台のEVバスを受注している。BYD上級副総裁の李柯氏は、今回の1000台級受注は新たな出発点であり、中南米地域のグリーン交通の急速な発展を促進し、世界のバス電動化を推進すると述べた。

中国汽車流通協会(CADA)商用車部会幹事長の鐘渭平氏は、第一財経記者の取材を受けた際、中国の新エネルギーバスは海外市場で比較的競争力があると述べた。バスは労働と資金集約型の産業であり、工程の流れ化を完全に実現することは難しい。これはBYDが海外で新エネルギーバスの受注を繰り返して獲得できた原因の一つだ。


記事url:https://www.yicai.com/news/100908072.html

897