一汽VW、テスラから炭素クレジット購入へ

ある海外メディアはこのほど、国家環境保護規定に合致しており、フォルクスワーゲンと第一汽車の合弁メーカーの一汽VWがテスラから炭素クレジットを購入すると報じた。消息筋によると、一汽VWのオファーは1クレジット3000元。テスラ2020年報によると、テスラは2020年に炭素排出クレジットの売却で15億8000万ドルの営業収入を得た。

クレジット政策の改正に伴い、中国国内の新エネルギー車クレジットの需要が増大し、販売価格も800元から3000元に高騰した。単位当たりの価格は上昇しながら、クレジットの販売者も限られている。上海GM五菱、広汽Aionなどの自動車メーカーは新エネルギー車の販売を通じて獲得した炭素クレジットをグループ傘下のガソリン車ブランドに供給しているが、国内の新エネルギー車メーカーの販売台数はまだ少ないため、クレジットの「売り惜しみ」が見られてる。


参考記事:https://www.yicai.com/news/101010092.html

647