高級ブランド買い漁る吉利、アストンマーティン株7.6%取得

 地場メーカー吉利の持ち株会社である吉利控股は9月30日、イギリスのアストンマーティン・ラゴンダ・インターナショナル・ホールディングス(以下「アストンマーティン」)の株式7.60%を取得したと発表した。

 経済誌「第一財経」がまとめた資料によると、アストンマーティンは100年の歴史を持つ超高級スポーツカーブランドとして知られているが、経営難から抜け出せず、前後して7回の破産を経て、2021年の純利益は1.89億ポンドの赤字となっている。

 吉利は近年、海外市場で頻繁に買収を繰り返しており、複数の有名ブランドの買収を完了した。今回のアストンマーチンのほか、ボルボの全株式、DRB傘下のプロトン・オートモーティブの株式49.9%、高級スポーツカーブランドのルーテスの株式51%、ダイムラーの株式約9.69%を取得している。

155