ファーウェイ、AITOブランドをSERESに譲渡:その真意と狙い

ファーウェイは最近、一連の商標を譲渡し、業界で大きな関心と議論を引き起こしました。7月2日の夜、SERESはファーウェイが保有するAITO「問界」関連の商標919件および関連意匠特許44件を取得し、取引金額が25億元に達したと発表しました。

このニュースはファーウェイとAITOのファンの間で大きな波紋を呼び、多くの人がファーウェイがSERESと分離するのではないかと疑問を持ちました。これに対し、ファーウェイはSERESの自動車製造を引き続き支持するとの回答を出し、「(ファーウェイは)自動車製造は行わない」という立場を強調しました。さらに、自動車メーカーと引き続き提携し、スマートカーの品質とユーザー体験を向上させると表明しました。

ファーウェイとSERESの提携は2019年に始まり、「Adding Intelligence to Auto」を表すAITO「問界」ブランドを共同で発表しました。AITOブランドは発売が速く、市場でのパフォーマンスも優れているにもかかわらず、ファーウェイとSERESの関係については憶測が続いていました。ファーウェイは何度も公告を通じて、直接車を作るのではなく、スマート運転ソリューションを提供することで自動車メーカーの車作りを支援することを再確認しました。AITOはファーウェイの「スマートセレクト」提携方式の代表で、共同設計、共同マーケティングを通じて販売拡大を実現しました。

注目すべきは、ファーウェイが最近、STELATO「享界」商標を北汽(BAIC)に、Luxeed「智界」商標を奇瑞(Chery)に譲渡するなど、複数の「界」シリーズの商標を譲渡したことです。業界関係者は、これによりファーウェイの自動車事業における役割が明確になり、スマート運転ソリューションプロバイダーとしての位置づけがさらに強調されると見ています。

ある業界関係者は、ファーウェイの商標譲渡は表面的には権限の委譲であり、実際にはブランドリスクの転嫁であると分析しています。周知のように、米国の制裁によりファーウェイの製品は欧米で苦境に立たされています。メディアの報道によると、AITO海外版モデルの車標は既にAITOからSERESに変更され、AITO m5/m7/m9は海外向けにSERES 5/7/9と命名されています。ブランド力から言えば、AITOはSERESより明らかに優れているため、商標譲渡の唯一の説明は、AITOが海外でファーウェイの存在感を薄めようとしていることです。この商標譲渡により、製品とブランドの統一化が進み、海外販売にも有利になるでしょう。

SERESにとっても、25億元をかけてAITO商標を買収する価値があります。ファウンドリーの役割から脱却するだけでなく、自社ブランド価値の大幅な向上にもつながります。

多くのユーザーにとって、AITO商標がファーウェイの手元にあるかSERESの手元にあるかは特に影響がなく、AITOがファーウェイの販売ネットワークの下で販売されている限り、ユーザーの体験が損なわれることはありません。一方、ファーウェイと提携する自動車メーカーにとっては、ファーウェイが潜在的な競争相手になることを心配する必要がなく、今後もより緊密な提携が期待できます。

ファーウェイは今年、スマートカーソリューションブランド「HUAWEI乾昆」を発表し、自動車のスマート化変革をリードすることに力を入れています。2024年にはHUAWEI ADSプランを搭載した複数の車種を発売する計画で、年末には保有台数が50万台を突破する見通しです。ファーウェイの目標は「新時代のボッシュ」になることであり、スマートカーソリューションを提供することで、自動車メーカーがスマート化の波に乗り、トップの地位を維持することを支援することです。

107