Polestar、上場廃止の危機:財務状況の悪化が止まらない

 Polestarは、財務状況の悪化が続き、上場廃止のリスクに直面しています。2年前にボルボから分社化して以来、Polestarの時価総額は95%近く減少しました。

 決算によると、Polestarの今年第1四半期の収入は3.453億ドルで、前年同期比36%減少しました。粗利益率も前年同期の4.3%からマイナスに転じ、マイナス8.9%に低下し、コスト抑制と収益性に大きな圧力がかかっていることを示しています。経営損失も前年同期の2.2億ドルから2.32億ドルに拡大し、純損失は驚異的な2.74億ドル(約20億元)に達し、前年同期比で約7倍に拡大しました。これは主に財務費用の急増によるもので、第1四半期の財務費用は1.27億ドルに達し、前年同期比で3倍以上増加しました。

 販売台数では、Polestarも同様に大きな挫折を経験しました。第1四半期の納車台数は前年同期比40%減の7200台にとどまり、市場の予想を大きく下回りました。ざっくりとした試算によれば、Polestarは今年第1四半期に1台あたり27万元以上の赤字を計上しました。この数字は驚くべきものであり、同社が市場競争の中で直面している困難な状況を反映しています。

 今年1月、Polestarは全従業員数の15%にあたる約450人を削減するなど、さまざまな対策を講じています。中国市場でも最近、大規模な人員削減や成都工場の閉鎖の噂が流れましたが、Polestarはこれを否定しています。また、南京市に新しい本部を設立し、中国市場での布石を固める計画です。

 Polestarは市場の位置づけと生産コストの問題に直面しています。EUと北米が中国製電気自動車に追加関税を課したことで、Polestarは生産拠点を海外に移転せざるを得なくなり、生産コストが増加しました。同社はサウスカロライナ州と韓国で新モデルの生産を計画していますが、世界の電気自動車市場の低迷が財務圧力を高めています。

 PolestarのCEO、沈子瑜氏によると、同社は中国市場への投資を強化し、中国市場での販売台数の3割から4割を目指しています。Flyme AutoスマートキャビンOSを搭載したPolestar4を発売しましたが、中国での販売は1-5月で884台にとどまり、ブランドの販売台数を大幅に伸ばすことはできませんでした。

 Polestarの中核的な研究開発と製品定義権は北欧にあり、主力市場も海外にあります。同社は2025年にフランス、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ポーランド、タイ、ブラジルなど7つの新市場に進出し、新たな消費者を獲得する計画です。しかし、これらの取り組みがPolestarの立て直しにどれだけ貢献するかは、今後の展開次第です。

 Polestarの株価は現在、28取引日連続で1ドルを下回っており、ナスダックの上場廃止(30取引日連続で1ドルを下回る)の警告を受けています。第2四半期には約13,000台の自動車を販売し、前月比80%増加させるなど、市場の信頼を回復するための努力を続けていますが、市場の信頼を回復するには時間がかかるでしょう。

174

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA