テスラModel Y、江蘇省政府の調達リストに初掲載!国産車として初めて選定

江蘇省政府調達網が7月4日に発表した「江蘇省党・政府機関・事業単位及び団体組織の2024-2025年度新エネルギー車枠組協定調達入選公告(三)」によると、テスラのModel Y後輪駆動版が江蘇省政府の新エネルギー車調達リストに採用されました。これが初めてのことです。

江蘇省政府調達センターはメディアの問合せに対し、「今回の調達はテスラが自主的に申請したもので、調達センターはパラメーターと価格の両面から評価し、テスラの選定を認めました」と述べました。

調達リストへの掲載は、必ずしもその車両が調達されることを意味しないと江蘇省政府調達センターは説明し、「これはオープンカタログであり、すべてのメーカーが応募可能で、パラメーターや価格に適合し、審査を経てランクインした車種が掲載される」と述べました。ただし、最終的な選定は各使用部門の裁量に委ねられます。

また、江蘇省政府調達センターは、「政府調達は輸入車を対象とせず、輸入車は特別な承認が必要ですが、テスラは輸入車ではなく、国内生産車として扱われます」と説明しました。

さらに、7月5日には「臨港新エリア投資促進サービスセンター」の公式アカウントが発表し、「城投興港集団」や「臨港投控集団」などの複数の国有企業が、企業用車としてテスラModel Yを先駆けて採用していることが報じられました。これは、テスラModel Yが江蘇省政府の新エネルギー車調達リストに初めて掲載された後の重要な進展です。

テスラは5年前、中国初の外資完全所有の完成車製造事業として、上海臨港新区に初めての海外のギガファクトリーを建設し、「同年着工、同年竣工、同年生産開始、同年発売」という超高速ペースで実績を達成しました。

テスラの部品の国内生産率は現在95%に達し、全新エネルギー車の中で最も高い数字を誇ります。予想外の結果かもしれませんが、多くの新興メーカーの国内生産率はテスラに及ばず、テスラは彼らよりも中国製車と言えます。

テスラと上海市政府の間で結ばれたBet-on Agreement(VAM契約)によると、低価格で土地をテスラに賃貸し、低利融資を提供し、テスラの独資を認めるという条件が含まれています。2029年までにテスラの自動車の国内生産率を100%に引き上げ、毎年20億以上の税収を提供し、上海に数百億元を投資して工場を建設することが求められています。この協議に基づき、これらの条件を達成すれば、テスラは上海市から提供される全ての特典を享受できますが、達成できない場合は損失が発生することになります。

テスラの産業チェーンの国内生産化がどれだけ多くの上流・下流企業を牽引し、どれだけの雇用を創出したかについては、江蘇省や浙江省が最も恩恵を受けています。一方で、テスラの自動運転FSDは、中国の国家安全への懸念から、いまだに中国政府から承認を受けておらず、中国政府がテスラを本当に国産車として認めているかどうかについては、疑問の声もあがっています。

66