Xpengの新モデルはLiDARを放棄へ:結局テスラに学ぶしかなかった

 中国の電気自動車産業に関するニュースや情報を提供するメディア、CnEVPostが入手した情報によると、Xpengが今年第4四半期に発売する予定の新モデル「F57」はLiDARを放棄し、テスラのような純視覚ソリューションを採用する予定です。この決定は、同社が世界で初めて量産車にLiDARを搭載したメーカーであることから、Xpengの自動運転技術における大きな転換を示しています。

 テスラはこれまで、人間の運転は完全に視覚に依存しており、道路設計も生物ニューラルネットワークと目に基づいているため、純視覚路線を堅持してきました。そのため、スマートカーも視覚を通じて適切な運転者になることができると考えています。FSD(完全自動運転)の急速な成長、特に現在のエンドツーエンド技術の搭載に伴い、純視覚案の優位性が徐々に明らかになってきました。多くの人々は、純粋な視覚を採用しても高いレベルのスマートドライブを実現でき、コストを大幅に削減できることに気づいています。

 しかし、テスラとは異なり、新興メーカーを含む多くの中国の自動車メーカーは、マルチセンサーフュージョン方式を一般的に採用しており、LiDARを中核とし、ミリ波レーダーや高解像度カメラを補助として使用しています。中国の自動車メーカーは、これらのテスラとの違いを誇りにしており、自動運転の認知方式の違いによって、テスラを打ち負かすことができると考えています。

 CnEVPostによると、Xpeng会長兼CEOである何小鵬氏は、LiDARの強固な支持者ではありません。彼は自動運転の認知プロセスの観点から見て、LiDARよりカメラの方が重要だと考えています。何小鵬氏は2021年にテスラのFSDを体験し、そのパフォーマンスを賞賛しました。この体験がXpengが純視覚ソリューションへの転換に至る道を開いた可能性があります。

 しかし、何小鵬氏の過去の言動を調べると、何小鵬氏は多くの中国の自動車メーカーのトップと同じで、これまで一貫してLiDARの熱心な支持者であり、彼らはその選択が正しいと確信していることがわかりました。Xpengはこれまで、P5、P7i、G6、G9などの車種にLiDARを広く採用してきたほか、ファーウェイ、理想(Li Auto)、蔚来(NIO)などの新興自動車メーカーと同様に、LiDAR搭載を新車販売の目玉として宣伝しています。

 例えば、2021年初めにXpengの自動運転ソリューションXPilot3.0が発表された際、何小鵬氏はXPilot3.0がハードウェア設計と認知能力でテスラより優れており、ハードウェアの冗長設計により安全性と感知能力を強化しており、実際の体験でテスラのFSDを超えると述べました。また、「中国市場ではテスラを圧倒し、世界市場ではテスラはいずれXpengと競争することになるだろう」と豪語しました。

 今、Xpengはかつて誇りに思っていたハードウェアの冗長設計を放棄し、純粋な視覚方式に変更せざるを得なくなりました。この劇的な変化は、中国の自動車メーカーがさまざまな困難を経験した後、やむを得ないと感じているからかもしれません。結局、最終的にはテスラの手法を学ぶ必要があるのに、なぜ早くそうしなかったのでしょうか。

217

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA