BYDへの挑戦状:Xpeng MONA M03、DiDiとの連携で挑む

Xpeng MONA M03の世界初披露が7月3日に行われ、このスマート純電気ハッチバッククーペはいわゆる「AI定量化美学」(AIでデザインや芸術品の評価を定量化する試み)を取り入れたデザインで多くの注目を集めました。Xpeng会長の何小鵬氏とデザインセンター副総裁のJuanMa Lopez氏が、MONA M03のデザイン理念と背後にある技術力について共同で解説しました。MONA M03は「AI定量化美学」を採用し、若いユーザー向けに設計されています。超大型AGSアクティブ吸気グリル、電動ハッチバックテールゲート、世界最低の風抵抗係数など、優れた仕様を融合させています。

何小鵬氏は、MONAという名前は「Made Of New AI」を意味し、テスラのModel 3への敬意を表していると説明しました。MONA M03は10〜15万クラスのコンパクトEVセダンに位置づけられており、ボディサイズは4780x1896x1445mm、ホイールベースは2815mmで、さまざまなカラースキームが用意されています。若いユーザーのニーズに応えるため、MONA M03はパワーテールゲートを搭載し、621Lのトランク容量を提供し、多くの中型SUVを超える多様な移動ニーズに対応しています。風抵抗の低減については、複数回の風洞テストを経て、最終的に0.194の超低風抵抗係数を実現し、航続距離を60キロ向上させました。全シリーズに標準装備されているAGSアクティブ吸気グリルも、車両性能をさらに向上させています。

BYDが低価格モデル「秦L」と「シールズ06」を発売したことで、中国自動車市場の競争はますます激しくなり、多くの自動車メーカーは「反過当競争」を訴えています。同時に、BYDの新規受注は大幅に増加し、月間販売目標は40万近くに達しており、市場の競争が一段と激化しています。

Xpeng MONA M03の発表は、このような市場圧力に対応する戦略的な措置です。DiDiの自動車製造部門「ダ・ヴィンチ」を買収することで、XpengはMONAプロジェクトを獲得しました。MONA M03はDiDiの研究開発成果を受け継ぎ、デザインは広汽AION Sと似ており、AION Sと直接競争し、市場での地位を確立しようとしています。

市場戦略として、XpengはMONA M03に年間10万台の販売目標を設定しています。新車はまずto C市場で発売され、その後、DiDiを含むto B市場に向けて徐々に展開していく計画です。

企業発展戦略では、MONAシリーズ車種がXpengブランドの重要な構成部分となり、主要な販売任務を担います。MONAシリーズの発売に対応するため、Xpengブランドの価格体系も再調整し、市場での競争力を強化します。

 

89