EVベンチャーのアウトソーシングの道「塞がれる」?

EVベンチャーはアウトソーシングを利用して生産資格を解決し、生産·製造の投入コストを節約し、生産プロセスを加速させている。しかし、このような方式は、今後厳しく制限されるかもしれない。

「新能源汽車新聞ev」によると、新しい規制は電気自動車メーカーの参入障壁を高め、より競争力のある企業を育成することを目指している。厳しい条件でアウトソーシングを制限する。EVベンチャーの責任者1人は「アウトソーシングの道が塞がれる」と話している。

背景は以下にまとめる。

昨年末まで、工業情報化省はEVベンチャーとその製品のアウトソーシングを黙認してきたが、自動車生産のもう一つの重要な参入管理部門として、国家発展改革委員会はアウトソーシングを好ましく思っていなかった。 国家発展改革委員会のある関係者は、「企業が自社で製品を生産していなければ、生産・製造に詳しくない。これで製品に責任を持つことができるだろうか」と話したことがある。

自動車は比較的高価な消費財として利用サイクルが長い。長い使用周期の中で、企業はその製品の品質に対して長期的な関心を払う必要があり、自動車製品のリコール確率も比較的高い。リコールはある程度、車の品質を担保する手段の一つにもなるが、品質そのものを担保するために、いわゆる「三包」が重要とみられている。「三包」は製品品質とサービス品質を含む。現在のアウトソーシ方式では、設計と生産の双方が全過程を通じて製品の品質を監視し、製品の品質責任を負うことができない。

電気自動車の過大生産能力が問題視されている。情報によると、中国ではすでに数百社の電気自動車メーカーが存在しており、計画生産能力は市場ニーズをはるかに上回り、「泥沼のような状況」が避けられないと懸念されている。ハードルを上げることで、競争力の弱い企業を淘汰し、良好な市場競争環境を作り、中国の新エネ車業界全体の競争力を向上させる。


参考記事:https://www.d1ev.com/news/pinglun/93347

 

 

1270