「新エネルギー自動車産業発展計画(2021-2035年)」の概要

目標

  • 2025年までに、新エネルギー車の新車販売台数は新車販売総台数の約20%に達する。
  • 15年間の継続的な努力を経て、中国の新エネルギー自動車コア技術は国際先進レベルに達し、純電気自動車が新車販売の主流に。

優遇政策

  • 新エネルギー自動車関連の税制優遇政策の実施、分類交通管理及び金融サービス等の措置を最適化。
  • 公共施設としての充電スタンドの建設を財政的に支援。
  • 地方政府が公共サービス、シェアリングモビリティなどの分野の車両運営に対する支援を強化し、新エネルギー自動車の駐車、充電などの優遇政策を与えることを推奨。

技術的な課題

  • 正極材、負極材、電解液、隔膜、膜電極などのコア技術の研究を進める。
  • 技術力が弱い分野として、高強度、軽量化、高安全性、低コスト、長寿命の動力電池と燃料電池システムの技術開発を強化。
  • 車載チップ、車載オペレーティングシステム、新型電子電気アーキテクチャー、高効率高密度駆動モーターシステムなどのコア技術と製品のブレークスルーを目指す。
  • 高性能アルミニウムマグネシウム合金、繊維強化複合材料、低コスト希土類永久磁石材料などの重要材料を実用化へ。

他の分野との連携

  • 水素燃料供給システムの構築を推進。
  • スマート道路網施設の建設を協調的に推進し、次世代無線通信ネットワークの建設を推進。
  • 企業がリチウム、ニッケル、コバルト、プラチナなどの重要な資源の保障能力を高めることを奨励。
  • 新エネルギー自動車のエネルギー利用と風力発電、太陽光発電の共同計画を統一的に計画し、再生可能エネルギーの応用比率を高める。
  • 新エネルギー自動車のシェアリング、都市公共交通、タクシー、敷地用車などの分野での応用を加速。
  • 新エネルギー自動車の都市配送、港湾作業などの分野での応用を推進。

記事url:https://www.yicai.com/news/100821218.html

784