Robotaxiが引き起こす波紋:武漢でのApollo GO導入とタクシー運転手の抗議

 百度傘下のRobotaxi(無人運転タクシー)「Apollo GO(蘿卜快跑)」は、2022年に武漢で投入され、2年間のテストを経て今年5月に本格的に試行を開始しました。ネット情報によると、一度に1000台のRobotaxiが投入され、5月には計60万件の注文が発生し、1日平均で20件の乗車がありました。スタート料金は6キロ当たり4元という超低価格で、一般的なタクシーやネット配車の半分の価格です。これに加えて各種販促やクーポンもあり、Apollo GOは市民や新しいユーザーの間で非常に人気を集めています。

 この低価格戦略は、かつてのDiDiやシェア自転車と同様、市場導入期に低価格でユーザーを獲得し、独占を形成するというパターンです。しかし、この1000台のRobotaxiは、実際には1000人の雇用を減らすことを意味し、2勤交代制で運行する場合は2000人の雇用を失うことになります。もし1万台のRobotaxiが投入されれば、この数は10倍になります。

 そのため、Apollo GOは伝統的なタクシーやネット配車の運転手から強い不満を引き起こしています。運転手たちは、Robotaxiが彼らの生計を奪っていると主張し、政府に助けを求め、ネットプラットフォームを通じて抗議を発表しています。武漢のあるネット配車運転手は、「Apollo GOの低価格競争で収入が大幅に低下し、将来的に生存空間がさらに圧迫される」と懸念しています。

 現在運行されているApollo GOは、運行範囲が限定されており、乗降場所も固定されているため、乗客が自由に指定することはできません。また、路上の突発的な状況で立ち往生することが多く、走行速度も「紳士的」で、急用の乗客にはあまり実用的ではありません。しかし、このような低価格のRobotaxiの投入は、多くのタクシー運転手やネット配車運転手の仕事を奪い、彼らの収入を大幅に減少させています。そのため、彼らが強い不満と抗議を表明するのは理解できます。これは歴史的な事件であり、人工知能と人類の生存競争が本格的に始まったことを示しています。

 もしApollo GOが成功すれば、百度は中国最大のタクシー運営会社となり、影響を受けるのは武漢のタクシー運転手だけでなく、全国のタクシーやネット配車業界にまで及ぶでしょう。現在、武漢の1都市で試行されていますが、今年末までに全国の一、二線都市に展開され、少なくとも3分の1のネット配車運転手が失業に直面すると予想されています。来年末までに全国のネット配車運転手が3分の1残るかどうかは未知数です。

 Robotaxiは5年後に全面的に普及すると予想されていましたが、現状ではせいぜい2年でAIが急速に普及し、私たちの生活に大きな影響を与えています。さらに恐ろしいのは、今日AIが運転手の代わりになり、明日には私たちの仕事の代わりになるかもしれないということです。このような状況に直面して、私たちはどうすればいいのでしょうか。

 今回のApollo GOの抗議事件では、多くのタクシー会社や運転手が抗議や苦情を表明しており、政府や百度が運転手たちの基本的な雇用と収入を保証するために何らかの妥協や譲歩をするかが注目されています。しかし、政府がそれを避ける姿勢をとると予想されています。中国では、政府が推進する人工知能が産業の高度化を目指しており、自動運転は新興産業として期待されています。政府が社会の底辺の要求に応えて新興産業への布石を遅らせることは考えにくいです。

 現在、中国社会の失業率は高く、多くの大学卒業生が仕事を見つけられず、多くの企業が人員を削減しています。これらの失業者にとって、ネット配車や宅配市場は最後の受け皿となっています。しかし、AIがこの市場に進出し、仕事を奪う傾向は急速に他の業界にも広がるでしょう。今後5年間で、中国は社会保障システムが完備されていないため、数億人が所得を失う可能性があります。この問題に対して、十分な対策を講じる必要があります。

 

141

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA