百度、コストわずか25万元の量産無人車「Apollo RT6」を公開、現在のタクシーより料金半額に

 百度公式サイトによると、7月21日に開催された「AI深耕、万物成長」をテーマとする「2022百度世界大会」で、百度は第6世代量産無人車「Apollo RT6」を公開した。自動運転の技術進歩に基づき、Apollo RT6は都市部の複雑な道路の自動運転能力を備えているだけでなく、コストはわずか25万元に下がったと伝えられた。計画によると、Apollo RT6は2023年から百度傘下の配車サービスプラットフォーム「蘿卜快走」に投入される。

 百度の紹介によると、Apollo RT6は、百度が独自に開発した「Apollo星河」アーキテクチャーのプラットフォームから生まれたもので、同プラットフォームの初のモデルとなるApollo RT6は、完全に車載基準に基づいた車両全体システムの冗長化を実現し、市販の改造車と比べて信頼性百倍から千倍高く、乗客の移動の安全を全面的に保障している。Apollo RT6ハードウェア上で、アーキテクチャー冗長性、計算ユニット冗長性、ブレーキシステム冗長性などの7つの冗長化システムを備えて、いかなる単一部品やシステム故障、予備の冗長化システムはすべて瞬時に補完することができる。

 一部の報道によると、百度の創業者で会長兼最高経営責任者の李彦宏氏は、「百度は自動運転車のコストを、業界の10分の1に引き下げ、一般的な新エネルギー車1台の価格に相当する」と述べたうえ、これにより、全国で1万台配備できるようになり、将来的に無人車を利用するには、現在のタクシーよりも料金が半分安くなると付け加えた。

122