小鵬汽車、米ニューヨーク証券取引所で上場

NIO(蔚来汽車)と理想汽車に続き、小鵬汽車は8月28日、米ニューヨーク証券取引所で上場した。これは米国で上場する3社目の中国自動車スタートアップ企業となる。

小鵬汽車の株式コードは「XPEV」で、今回の上場発行価格はADS当たり15米ドルで、合計9973万株の米国預託株式(ADS)を発行し、取引前の時価総額は105億7500万米ドルだった。

小鵬汽車の目論見書によると、今年上半期の小鵬汽車の営業収入は10億0000万元、純損失は8億元だった。2018年の営業収入と純損失はそれぞれ14億元と36.9億元だった。つまり、小鵬汽車の赤字規模は縮小し始めている。粗利益率の面では、小鵬汽車の現在の粗利益率はマイナス3.6%。NIOと理想汽車の粗利益率はすでにプラスに転じた。

小鵬氏は設立以来、赤字経営状態が続いているが、米国株は世界で最も多様化した投資家層を有しており、テスラを代表とする米国株の新エネルギー自動車上場企業を保有している。そのため、投資家は新たに上場するスタートアップ企業の財務状況に対して寛容で、期待を込めている。

具体的には、自動車スタートアップ企業は往々にして研究開発などの産業チェーン構築にコストをかけている。これにより、前期は利益を得ることが難しくなり、後期は大規模化効果を実現することで限界コストを下げることができるため、従来の自動車メーカーがPEで評価するモデルと比べ、ディスカウントキャッシュフロー方式(DCF法)で評価を行うことができ、インターネット企業の評価認定方式と類似しており、これも小鵬汽車のIPO引受が予想をはるかに上回る重要な原因となっている。

NIOと理想汽車と比較すると、小鵬汽車の現在の販売台数はやや少なく、7月の販売台数は2451台(P7 1641台、G3 810台を含む)で、同期間のNIOの3533台、理想汽車の2516台に遅れをとっている。注目すべきは、理想車は現在1車種しかないことだ。つまり、小鵬汽車の2車種の販売台数の合計は、理想車の1車種の販売台数を下回っている。

しかし、他の2社の自動車スタートアップ企業と比べて、小鵬汽車の研究開発費比率(研究開発費総額が同期間の販売収入総額に占める割合)は高い。小鵬汽車は目論見書の中で、「小鵬汽車は現在、中国の自動運転支援スタック(チップとレーダーを除く)で研究開発を行っている唯一のOEMメーカーだ」と記述している。ある証券会社が7月に発表した研究報告によると、小鵬汽車の自動車電子・電気構造はテスラに最も近く、車両の知能化に重点を置いている。インタラクションとコネクテッドの面では、小鵬汽車はアリババからのサポートがあるため、関連アプレットをより迅速に導入し、スマート化の応用シーンを作り出すことができる。このほか、小鵬P7はテスラのモデル3と価格帯が重なり、自動車スタートアップ企業の中で販売価格がテスラに最も近い車種となっている。


記事url:https://www.yicai.com/news/100751265.html

1324