BYD、初の新エネルギーピックアップトラック、「BYD SHARK」と命名

 BYDは4月3日に発表された声明によれば、今年後半に初の電動ピックアップトラックを発売する計画を明らかにしました。BYDの広報担当者はWeChatのメッセージで、中型からフルサイズのピックアップトラックは「世界市場のために開発された」もので、同車種はBYDの「初の新エネルギーピックアップトラック」だと述べました。ただし、BYDはパワートレインや性能仕様の詳細は公表していません。

 4月22日、BYDは、初の新エネルギーピックアップトラックを正式に「BYD SHARK」と命名しました。同時に、同ピックアップトラックの予告画像を公開しています。

 公開されたBYD SHARKのテスト車両の写真を見ると、トヨタが最近公開したEV「ハイラックスピック(Highlux Pick)」よりも中型のピックアップトラックとしてはやや大型のボディサイズを持っています。実用的な荷台やガントリーフレームも装備されています。

 BYD SHARKの外観デザインは、大面積のメッシュグリルと金属製のガード装飾によるフロントビュー、LEDヘッドライトは縦レイアウト、C型デイライトで囲まれたハードで力強いボディサイドライン、ダブルシートレイアウト、ガントリーフレーム、サイドペダルを備えた硬派なスタイルをアピールしていますが、タイヤサイズはやや小さい。

 インテリア面では「方程豹5」のデザインスタイルを引き継ぎ、浮遊式ダッシュボードや回転するディスプレイなどのファミリーフェイスのデザインや、物理スイッチが残した電子変速レバーを採用しています。

 動力面では、「BYD SHARK」はDMOスーパーハイブリッドオフロードプラットフォームを搭載し、「雲輦-p」と称するスマート油圧車体制御システムがドライバーに正確な車両制御と運転支援を提供しています。

 BYD SHARKはプラグインハイブリッドと純電気の2つのバージョンが予定されており、総合航続能力は800~1200kmに達しています。BYDによると、BYD SHARKは主に海外市場向けで、右ハンドルバージョンも発売される予定です。価格は高額かもしれませんが、高性能で実用的なスペックが期待されます。

181