李想氏、ハイエンド純電気自動車の売りにくさを指摘 – エネルギー補給必須

 このほど北京モーターショーが開幕し、各大手自動車メーカーが一堂に会し、展示ブースの前で互いに交流し、自動車業界内の友好ムードを表現しました。

 NIOの展示ブースでは、理想汽車の創業者である李斌氏と李想氏がNIOのET7内に座り、ハイエンド純電気自動車の販売について話し合いました。李想氏によれば、ハイエンドの純電気自動車の販売には大きな課題があり、特にエネルギー補給ネットワークが不足している場合は普及が難しいと述べました。李斌氏は李想氏の問題提起に同意し、NIOのバッテリー交換システムの加入を薦め、李想氏は検討すると述べました。

 データによると、理想汽車のMEGAは国内の純電気MPV市場では上位に位置していますが、最初の販売目標にはまだ大きな差があるとされています。これを受けて、理想汽車は販売台数予想を修正し、車種の販売戦略を見直しました。

 一方で、理想汽車が発表した最新のハイブリッド(エクステンダー付きEV)のL6は発売後わずか72時間で1万台の予約を突破し、純電気MPVのMEGAの販売実績を大幅に上回りました。

124