テスラCEOマスク氏、中国首相と会談:FSD技術の中国導入を推進

 4月28日、テスラCEOのマスク氏は北京に到着し、中国首相の李強氏と面会しました。報道によると、マスク氏の今回の訪問の主な目的は、テスラの完全自動運転(FSD)技術の中国での導入を推進することです。

 李強首相は会見で、米中両国の経済融合の重要性を強調し、テスラの中国での発展は米中協力の成功モデルとみなされていると述べました。

 マスク氏はテスラの上海ギガファクトリーのパフォーマンスについて、中国チームの努力と知恵のおかげだと賞賛しました。中国との協力をさらに深化させ、より多くのウィンウィンの成果を得たいと表明しました。28日午後、北京に到着したばかりのテスラのマスクCEOはソーシャルメディア上で、テスラがAIのトレーニングや推論に約100億ドルを投資し、主に自動車向けに使うと明らかにしました。

 現在、テスラは中国でFSDの完全自動運転機能を実現しておらず、高速と都市部のL2の自動運転支援機能しか実現できていません。これにより、テスラは国内市場で競合他社に後れを取る可能性があります。

 このため、テスラは中国の関連部門に中国でFSDの承認を要求しており、データセンターを設立し、関連法律に基づいて中国の消費者のデータを処理することを約束しています。

 同日夜、中国自動車工業協会(CAAM)と国家コンピュータネットワーク緊急技術処理協調センターは通達を発表し、テスラが国家自動車データ安全に関する4項目のコンプライアンス要求をクリアし、国家権威ある検査に合格した最初の外資系企業の一つになったと発表しました。この成果は、テスラが一部の場所(政府機関、空港、高速など)で行っていたテスラ車の走行禁止・停止制限を解除し、より多くのテスラ車オーナーが安全要件を満たしたブランドを安心して利用できるようになると期待されています。

 テスラは、車外での顔情報の匿名化処理、デフォルト設定ではコックピットデータを収集しないこと、コックピットデータの車内での処理、個人情報収集処理の際の告知という4つのコンプライアンス要件をクリアしました。このニュースはテスラの中国市場での発展に積極的な後押しとなり、より多くの消費者がテスラの車を安心して購入・使用できるようになると期待されています。

 テスラのほか、今回の自動車データ安全に関する4項目のコンプライアンス要求をクリアした車種には、BYD、理想汽車、吉利傘下の路特斯、合衆新能源、NIOなど、合計76車種が含まれています。

 ただし、こうした動きを過大に解釈するべきではなく、中国政府がテスラFSDの中国販売をすぐに承認すると考えるのは非現実的な幻想です。なぜなら、FSDの中国進出の最大のハードルは、個人情報を処理するかどうかではなく、テスラが合法的に道路データを収集することが認められ、その道路データを米国に転送することが認められるかどうかにあるからです。こうした作業が実質的に進まない限り、中国の国家政策でテスラを特別扱いしない限り、FSDの中国進出は不可能です。

184