JD、美団、Neolixの三社が北京市で無人配送車の走行許可を受ける

5月25日、第8回国際コネクテッドカー技術年次総会で、北京市高度自動運転パイロットエリアは、第1陣の無人配送車企業として、JD(京東)、美団、および無人販売トラック開発企業のNeolix(新石器)の三社に、無人配送車の車体コードを発行し、無人配送車に相応の走行権を初めて与え、中国国内の自動運転分野の管理政策における新たな改革を試みた。

今年4月、北京市は高度自動運転パイロットエリアで、中国初のコネクテッドカー政策パイロットエリアを設立した。政策パイロットエリアの管理は非自動車管理方式を参照し、車体コードが発行された製品に対して、テスト検証を行い、合格した製品に相応の通行権を与える。これにより、無人配送車が現行の法律法規の制限を受けて公道で走行できないという問題をクリアした。

それ以外に、今回は次の4つのトライアル措置を導入した。

無人配送車のサイズ、積載量、速度、動力などの技術と測定指標を規範化し、車両基準に基づいて安全性を要求する。

将来の無人化ビジネスの実用化に向けて、無人販売管理改革を試みる。

無人配送車の運転者に対する分類管理を導入し、現場操縦者と遠隔操縦者を配置しなければならないことを要求し、無人配送車をパイロットエリアでの自動運転監督管理プラットフォームの監督管理システムに組み入れ、プラットフォームによる統一化管理を実現する。

無人車の保険タイプ、保険範囲、保険金額などの要求を規範化し、無人化ビジネスの実用化を支援する。


参考記事:http://www.autor.com.cn/index/technology/13471.html

140