シャオミ汽車、新型車「Cクラス・エコテクノロジーセダン」を公開

11月15日、シャオミ汽車(中国語名「小米汽車」)は工業情報化部の申請を完了し、新型車「Cクラス・エコテクノロジーセダン」を発表しました。

シャオミ汽車は初モデルを「Cクラス・エコテクノロジーセダン」と名付け、そのサイズは4860×1980×1666mmと伝えられています。車体の正確なサイズは公式発表を待つ必要がありますが、「Cクラス」に位置づけられているため、車長は5メートルに迫る可能性があります。これは、初のモデルが4ドアクロスオーバーのデザインを採用しており、そのデザインが某ドイツ系超高級ブランドの電動クーペを連想させます。

シャオミ汽車の新車は、2つのバージョンがあり、ハイエンド版は800Vプラットフォームと101kWhのCATLの麒麟三元リチウム電池パックを搭載し、CLTCの航続距離は約800kmです。一方、エントリーモデルは400VプラットフォームのBYDブレードバッテリーを採用し、コスト面で有利とされています。エントリーモデルはシャオミ汽車のベースモデルとして位置づけられ、800Vバージョンはブランドイメージ向上のために存在すると考えられています。

新車には「Cクラス・エコテクノロジーセダン」という位置づけがあり、「エコ」の2文字が重要視されています。この「エコテクノロジー」の実現には、最近登場したシャオミOSシステム「澎湃OS」が欠かせません。

シャオミ汽車は「澎湃OS」を通じて、携帯電話、自動車、家電などを統合し、コネクティビティを強化します。これにより、例えばルーフカメラの映像をWeChatのビデオ通話に直接送るなど、独自のコネクティビティ機能が提供されます。

新型車の価格については、一部の予測では30-40万元とされていますが、シャオミ汽車が「コストパフォーマンス」を重視しているため、前売り価格は20万前後になる可能性もあると考えられています。

一方で、車両の後ろに小さな「北京小米」のロゴがついています。これは、シャオミ汽車の初モデルが、BAIC(北京汽車)傘下の「北京汽車集団越野車有限公司」に委託生産される可能性があると推測されています。一方、同じ北京亦荘にあるシャオミ汽車が自社工場はまだ建設中との情報もあります。

736