神州レンタカー、上場廃止

7月6日、香港証券取引所のウェブサイトで、Indigo Glamour Company Limited(MBK Partners, L.P.の子会社)と神州レンタカーは共同で、強制買収が完了し、中国最大手のレンタカー企業である神州レンタカー(CAR Inc.)の残りの株式公開買い付けがすでにMBK Partners社の子会社に名義変更され、MBK Partnersの持ち株比率は100%に達し、神州レンタカーの唯一の株主になると発表された。

これにより、神州レンタカーもMBK Partners社の完全子会社となった。

資料によると、MBK Partners社はCarlyle Groupの元パートナー、金秉奏氏が2015年に設立した、東アジア地域(中国、韓国、日本)初の買収を中心としたオーナーシップのある直接投資会社で、アジア最大のプライベート・エクイティ・ファンドの一つであり、運用資本は240億ドルを超える。

投資分野を見ると、主に消費・小売、通信・メディア、金融サービス、保健、物流、工業などの分野で、韓国最大のレンタカー会社であるKTレンタルスに投資してきた。

MBK Partners社はその後、神州レンタカーを傘下の他の関連事業と統合する可能性があり、時期を見計らって売却する可能性もあるとみられている。

2020年後半に神州レンタカーは、地方国有自動車メーカーの北汽や上汽などへの売却交渉に関する噂があったが、いずれも実現しなかった。

大まかな統計によると、現在、神州レンタカーは国内で車両総規模10.43万台を保有し、全国300都市以上に約2600カ所のサービス拠点を設置しており、現在中国最大の全国的な大型レンタカーチェーン企業の1つとなっている。

財務報告によると、神州レンタカーの今年第1四半期の総収入は12.02億元で、前年同期比9.43%減少し、純利益は600万元であった。リース総収入は9.17億元で、前年同期の9.47億元より3.2%減少し、そのうち、自動車リース収入は8.83億元で、前年同期比0.5%微増した。


参考記事:https://finance.sina.com.cn/chanjing/gsnews/2021-07-06/doc-ikqciyzk3770909.shtml

134